Digital Life ~デジタルライフ~(Field)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パスワード付きリンク

 パスワード付きリンクその①

表示させたい場所に記述してください。

<form onsubmit="document.location.href= this.pass.value + '.html'; return false">
<input type="password" name="pass" size="横幅" style="border:枠線の太さpx 枠線の種類 枠線の色;background-color:背景色;">
<input type="submit" value="ボタン文字" style="border:枠線の太さpx 枠線の種類 枠線の色;background-color:背景色;">
</form>


 こんな感じでフォームをだしてリンクします。

PWは拡張子を除いたアドレス部分になります。
(拡張子が.htmの場合はタグの.htmlの部分を変えてください)
※同サーバーでないと効果は得られません。


またリンク先は同じディレクトリ(フォルダ)内に置いてください。




サイト上部へ↑  トップページへ



 パスワード付きリンクその②

ヘッダ内に記述 実はJS(javascript)だったりします(笑)

<script type="text/javascript">
<!--
var keyword = "パスワード"
function key(){
var key = prompt("パスワ-ドを入力して下さい","")
if(keyword != key)
history.go(-1)
}
key()
// -->
</script>



ページを開いた時にパスワードを要求するようになります。

パスワードは半角英数字でお願いします。

同一ウインドウで開くようにして下さい

注意:このPWはPCに詳しい人には簡単に見破られるので注意




サイト上部へ↑  トップページへ



 パスワード付きリンクその③

ヘッダ内に記述 実はJS(javascript)だったりします(笑)

<script type="text/javascript">
<!--
function key(){
answer = prompt("password please!","");
if(answer){
location.href = answer + '
.html';
}
else {
alert("パスワードを入力して下さい。")
}
}
// -->
</script>




下のは本文に記述するリンク用タグ

<a href="javascript:key()">文字</a>



PWは拡張子を除いたアドレス部分になります。
(拡張子が.htmの場合はタグの.htmlの部分を変えてください)
※同サーバーでないと効果は得られません。


またリンク先は同じディレクトリ(フォルダ)内に置いてください。





サイト上部へ↑  トップページへ

| CSSスタイルシート | 17:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。